学力社会のため、塾の数も増えており求人も多数ありますが、塾といっても様々な種類があります。勤務するにあたり、その違いを把握しておくことも大切です。

塾の求人にも他の職業と同様、正規職員と非常勤講師があります。非常勤講師も正規職員と同様に長時間働くことも可能であり、後々正規職員として雇用される可能性も高いと言えます。

塾には大きく分けて個別指導と集団指導があります。集団指導の場合は多数の生徒の前に立ち、全員に分かるような基本的勉強内容の授業を進めなくてはなりません。しかし個別指導においては、それぞれの得意、不得意に合わせて授業を進めたり、内容を変えなくてはなりません。個別指導を行っている場合、生徒の数に応じて講師が必要となるため、求人ななおいては非常勤講師の需要が高いと言えます。

塾の求人の雇用状態は様々であり、副業として短時間だけの勤務を希望している場合でも、正規職員として働きたいと願う方でも自由に働くことが出来ると言えます。塾の数は今後も更に増え続けて行くことが予想されますので、非常勤講師の需要も高まると言えます。更には指導能力の長けている人材も必要となるため、非常勤講師として実力を身に付けて活躍することも可能と言えます。